緊急企画ロングツアー「向こう側ってどうなっているの?」

2月28日(日)

今日は「緊急企画!経験者向けロングツアー」です。
お越し頂いたのは、かつさん・雅昭さん・ひでさん&まきさん・HFJさん☆
急な開催にもかかわらず、お越し頂いて本当にありがとうございます♪
今日のロングツアーは、東京湾側の南下浦から出艇して三戸浜へという約22キロ~23キロの行程。出発地点の東京湾側の南下浦へ行ってみると、まだ風がおさまっておらず、沖合は白波が至る所で見受けられました。
そのため、三戸浜に戻り出艇(^^ゞ

相模湾側の三戸浜は御覧の通り穏やかな海☆彡

さー、気を取り直しての出艇です。

海が透き通っていますね☆

諸磯を通過し、城ケ島へ。

まきさんは、「(シーカヤックで)初めて城ケ島♪」と、テンション高めでした(笑)。
シーカヤックをやっていると、子供に戻るというか、よく子供のころ「あの森の向こう側ってどうなっているの?」って感じで、ドキドキしながら探検したことのあるじゃないですか?そんな気分にさせられるんです(^^ゞ
ん?森のあるところになんて暮らしていない(笑)?じゃあ通学途中の隣の駅でもいいんです、「今日は隣の駅に行ってみよう」とかそんな感じ(笑)。
シーカヤックの場合は、

「あの岩場の向こう側ってどうなっているの?」

とか、

「今、目の前に見えている景色の向こう側ってどうなっているの?」

とか、そんな気持ちにさせられて、シーカヤックに乗って行って見てみよう!ってなるんです♪
雅昭さんからのリクエストもあり、城ケ島のいつもの馬の背手前の浜に到着し、少しひと休み(笑)。

かつさんは、「こんな御時勢だから、運動していなくて身体がなまっちゃってる」なんて仰っていました(^^ゞ
では、出発。
この辺りは隠れ岩とかがあり、少し注意が必要です。

安房埼を通過し、

寡黙に漕ぐHFJさん(^^ゞ


宮川方面へ。
上陸し、パッとランチを済ませ、出発。

イヤらしい横波を交わしながらのパドリングが続きます。

毘沙門を通過し、松輪港前で、遊漁船の帰着時間とバッティングしてしまい、しばらく船の通過待ち(^^ゞ
最後であろう遊漁船が通ってから漕ぎ出すと、剱埼(つるぎさき)灯台が見えます。

だいぶゴールに近づいて来ました。
間口港や大浦を過ぎ、凸浜でひと休み。

このあたりまで来ると、沖を行き交うタンカーや大型船などが見えて、東京湾に来たんだなと実感させられます。
休憩後、そんな話をしながら漕ぎだすと、かつさんもカメラを取り出して撮影していました。

雨崎付近から、大きく口を開けたような金田湾が見えて来ました。

朝、見た時は白波だらけでしたが、すっかり穏やかになっていました☆


約22キロ完漕!
予め南下浦にデポしといたボクの車で三戸浜に戻り、片づけて解散。
お疲れさまでした♪
参加していただいたみなさん、本当にありがとうございます♪
ひでさんは、クラブハウスに戻ると、「腹筋がピクピクする」って仰っていましたが、初めての三浦半島ぐるっとひと回りツーリングいかがでしたか(笑)?
三浦半島の景色の移り変わりを見ながらのロングツアーは、良いですね♪
今後もこうしたロングツアーは開催する予定ですし、それ以外にも色々なツアーを準備していますので、こちらのホームページのトップページにある「新着情報」や、フェイスブックのオーシャンアンドスカイ公式ページをご覧いただけると、助かります。
今日も良い1日でした♪

このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です