HELLO、伊豆半島!(番外編)

7月10日(水)

序章も含めて3回にわたって伊豆ツアーの模様をご覧いただきました。
ご覧になった方で、不思議に思ったことがあったそうで、ご質問を受けました(^^ゞ
それは、

「シーカヤック本体はどうしたの?」

とのこと。
今回、自艇を持ち込まれたのは、自宅で保管されているまさあきさんのみ。
艇庫会員さん3名様、艇のレンタルが発生する方は4名、そして主催者のボクの艇、計8艇!
ボクのクルマに載せられる数は4艇まで(^^ゞ
というわけで、3日(水)に第1回目の輸送で4艇、内訳はレンタル分の4艇を、子浦の保管場所に持って行き、一旦、三戸浜に帰りました。
そして、ツアー当日の6日(土)に4艇、内訳は艇庫会員さんの3艇+ボクの分1艇を積んで持って行きました(^^ゞ

7/6(土)当日の朝

ツアー終了後の7日(日)、まず4艇を車に積んで三戸浜に戻り、10日(水)に再び引き取りに子浦に行く・・・、という感じです。
でも、せっかく子浦行くんだったらプライベートでも漕ぎたい、だって予報も良さそうだし・・・(笑)。
そこで登場するのが、アマチュア時代から今に至るまでお世話になっている横浜のシーカヤックショップ「サウスウインド」の石田社長(^^ゞ
ちょうど定休日だったそうで、一緒に漕いで来ました。

石田さんと漕ぐのは、2年ぶり(^^ゞ

思えば、この方がボクにシーカヤックを教えてくれました。
はじめてお会いしたのは2002年の春。他の場所で営業されていて、赤レンガに通じる今の場所に移って来られた直後でした。それ以来、親しくさせていただいております。

石田さんが乗るシーカヤックが浮かんでいるように見えますねー

そんな話をしながら、のんびり漕ぎ始めました。

それにしてもプライベート漕ぎで、こんなにスカッと晴れると、土日に参加して頂いたお客様から怒られそうですね(^^ゞ
穏やかそうに見えますが、東寄りの風が吹き抜けています。

お互いこの場所で何十回、何百回も漕いでいるので、阿吽の呼吸でルートも上陸する場所も決まっちゃいます(^^ゞ

漕いでいると、ご覧のようにシーカヤックに乗った状態でも、海の中にいるスズメダイの姿もバッチリ見えます✨

上陸してランチを食べた後は、もちろん海の中へ。

石田さんとスズメダイ(^^ゞ

海水温は冷たくなくて、海パン&長袖Tシャツでとっても気持ちよく感じられました。
たまたまなのでしょうか、海もとってもキレイです☆

至る所でスズメダイが群れを成しています。

さらに、潜っていると、あれ?珊瑚?なのでしょうか?

ボク「石田さーん、ちょっとこっち来てくださーい!!!!」
石田さん「どしたの?」
ボク「あれって、珊瑚!?」
石田さん「あー、ホントだー!それっぽい!」

ボクも石田さんも三浦や伊豆で漕いでいるので、あまりお目にしたことがなく、正確には分かりませんが、気が付くと至る所にありましたー!

二人ともさらにテンションが上がり、ずーっとシュノーケリングして遊んでいました(^^ゞ

でも、時間が来たので、そろそろ戻りましょう。

身支度を整えて、晩御飯。
せっかくなので、元サウスインドの某スタッフさんを呼んで、
一緒に下賀茂の前原寿司さんに行きました。
その人物は、放送禁止の風貌なので、掲載できず(単に酔っぱらって撮り損ねただけ、笑)。

どれもこれも絶品でした☆
ただ、久々にお酒を飲んじゃったので、酔っぱらってしまい、画像を撮り損ねてしまいました(^^ゞ
石田さん、ありがとうございます!
楽しい1日でした♪



このサイトをフォローする!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です